ペット関連情報

●ペットに埋め込むマイクロチップとは

ペットが迷子になったり、災害時にはぐれた時に飼い主を特定しやすくするため、犬や猫の体に埋め込むマイクロチップ。日本では97年に実用化されて以降、環境省や日本獣医師会が普及を呼びかけてきた。現在ではチップを埋め込んだ状態でペットを販売する業者も増えている。

ペット販売業者「ペッツファースト」(東京都大田区)の管理センターには、ブリーダーの元から犬や猫が運ばれてくる。神尾隆昌獣医師(28)は健康チェックやワクチン接種をし、チップを次々と埋め込んでいく。神尾さんは「埋め込みは一瞬で終わります」と話す。

詳細はこちら→毎日jp

このページの先頭へ