ペット関連情報

●本作が伝える被災地の現実とは 映画 『犬と猫と人間と2』 上映会開催

映画『犬と猫と人間と2 動物たちの大震災』は27日、5月の劇場公開に先立ち、プレミア上映会を都内で開催した。殺処分される犬や猫と、彼らを救おうとする人たちの実情を描き、大きな話題を呼んだ『犬と猫と人間と』(2009年公開/監督:飯田基晴)に続く本作は、東日本大震災で被災した動物たちと、彼らを取りまく人々がテーマ。

津波で愛犬を失った飼い主、原発の警戒区域に置き去りにされた動物たちなど、震災や原発事故に平穏な日々を奪われた生き物の今を、震災直後から現在に至るまでの500日におよぶ膨大な映像をもとに伝える。

詳細はこちら→PetC

このページの先頭へ